ホットヨガを神戸でするならここ

神戸の冬はホットヨガを楽しみましょう!

神戸にも秋から冬の気配が感じられるようになりました!

神戸の冬にこそ「ホットヨガ」をオススメしたいんです!

えッ!?なぜって??ご説明申し上げましょう。

■冬こそ「ホットヨガ」!オススメする3つの理由

1.温度変化への「耐性」ができる

室内と室外の気温差が大きくなる冬の神戸で行う「ホットヨガ」は、身体を気温に順応させる効果があります。

発汗することで自律神経を刺激し、外気に応じた体温調節ができるようになるはず。

こんな身体づくりができれば寒さにも負けることなくエアコンの使用頻度が減るなど、

身体にも環境にも優しくなれますよ。



2.健康な体で、食欲不振をノックアウト!

室内と室外の気温差が大きいと体調を崩してしまう方がいらっしゃいますよね。

これは気温の変化のために体調をコントロールできず、胃腸が正常に機能しなくなってしまうから。

この時期の風邪が治りにくいように、イベントが盛りだくさんの冬に体調不良にいいことなんてありません。

デトックス効果の高い「ホットヨガ」で体調不良を吹き飛ばし、健康な身体を維持しましょう。


3.美しい肌つくりに

十分な水分補給をしながら、大量の汗をかくことによって、身体の中の老廃物が排出されます。

毛穴にたまった皮脂や汚れも、大量の汗で洗い流してしまいましょう!

汗をかくことで体温調整ができるようになり、毛穴が開きっぱなしになることもなく、

汚れもたまりにくくなるという相乗効果も表れてくるはずですよ。


■ホットヨガをまず体験しましょう!オススメは老舗のLAVA

ホットヨガスタジオと言えば「LAVA」(ラバ)。全国に240店舗以上を展開している大手のヨガスタジオです。神戸には6店舗、川西に1店舗、明石に1店舗、尼崎に1店舗、西宮に1店舗兵庫県内には計12店舗のLAVAがあります。職場の近くのスタジオと、自宅近くのスタジオの2店舗を1店舗分の月会費で利用できるシステムも便利!平日は職場近くのLAVAで、土日は自宅近くのLAVAでリラックス&リフレッシュしてみませんか?まずはお近くの兵庫にあるLAVAで926円の体験レッスンに気軽にトライしてみましょう!!

↓↓体験レッスン926円のお申し込みはこちら↓↓

↓↓↓↓神戸にあるお近くのLAVAスタジオはどちらですか?↓↓↓↓


ホットヨガってなに?

「ホット」な中でやる「ヨガ」、これがホットヨガです。
では、具体的にどんな環境で行われるのか、見てみましょう!

■ホットヨガとは


ヨガを実施するスタジオ内の「温度」はもちろん、「湿度」も上げます!

どれくらいなのかというと
※一般的には、室温約39℃、湿度約55〜65%で行います。

※運動不足の人でも、高温多湿のホットな環境でヨガに取り組むことで、柔軟性が高まり、安全にトレーニングができます。

※大量の発汗により、血行とリンパの流れが促進され、老廃物も排出されるなど、デトックス効果が期待されます。

※室内環境によって体温が上昇するので、冷え性の改善が期待できます。


ぜひ、ホットな環境で健康な身体つくりをしてみましょう。

ホットヨガは高温多湿なスタジオで行われるので、水分補給を欠かすことはできません。

ポカリスエットやアクエリアス、GreenDA・KA・RAなどのスポーツ飲料でもいいのですが、半端ない大汗をかくホットヨガは、重度の脱水にならないためにも、経口補水ドリンクをオススメしています。
またスタジオによっては、ヨガマットをレンタルしていますが、レッスンであれだけ汗をかくので、できればヨガマットは自前のものを準備したいですよね。様々なメーカーからヨガマットは出ていますので、口コミや評価を参考にしながら、持ち歩きに便利なものをオススメします。もちろん汗をかいてそのままにしておくと大変なことになりますので、レッスンの後はこまめに水洗いし、日陰で干しておきましょう。


■ウェアを選ぶ際の注意点


※ホットなスタジオで大量の汗をかくので、肌に張り付きにくい、速乾性に優れた素材を選びましょう。

※ポーズの際に袖や裾が上がってきてしまうので、リブがあるものや、裾を紐で結べるもの、体型にあったシルエットのものを選びましょう。


スタジオに行かれたことがある方は、様々なヨガウエアがあることご存じですよね。
ヨガのおけるウェアって、その人の「ヨガに対する意識」が見えてくると思うんです!

ヨガの上級者のウェアって、男性は身体のラインがしっかり出るコンプレッション系のウェアを、女性はだいたいセパレートを着ていますよね。ただでさえ動きに余裕があって、安定感があるヨガなのに、ウェアの形やデザインのかっこよさで輝いて見えます!

男性はお腹まわりがスッキリしていて、上半身も下半身も筋肉質、腹筋のシックスパックスの形がうっすらとコンプレッションから伺えるくらいの身体なら、文句なしに上級者ですよね。
女性はセパレートでお腹を出すくらいですから、ある程度体型に自信がないとできませんよね。

でもまだ始めたばかりばかりだし、初心者同然の私たちには何を着ればいいのか?
着る物にお金をかけるのにも躊躇してしまう方には、ユニクロやGU、H&MやGAPといった「ファストファッション」ブランドのウェアを選ぶことをオススメします。

ただ素材の種類もデザインも豊富なので、しっかりと選ばなくればなりませんよ!
ポイントは「おしゃれな部屋着をチョイス」です!!
私たちが部屋着に求めるのは「着心地」だと思います。そこに「見た目がおしゃれ」という視点を入れてウェアを選んでみてください。
 
テニスのジョコビッチ選手や我らが錦織圭選手のスポンサーであるユニクロが展開しているスポーツ系のウェアは、通気性や速乾性に優れ、サイズも豊富で値段も手頃であることから、ヨガウェアとしては最適だと考えています。
またマタニティヨガをされる方も、今の体型に合ったウェアをお考えなら、デザインが多く、サイズも豊富でコストパフォーマンス的にも優れている「ユニクロ」がオススメですよ。
最初はヨガマットを購入したり、レッスン料の支払いなどがあり、初期投資が多いので、ウェアにお金をかけることはありません。最初のウェアはユニクロをオススメします!

おしゃれの視点ですが、最近のファストファッションはどれでも「おしゃれ」ですので、コーディネートだけを気をつければ問題なしです。

ホットヨガと脱水


ホットヨガを行う上でも最も気を付けなければならないことが脱水です。
高温多湿というスタジオは、ただでさえ汗をかいて身体の中の水分を失いやすい環境になります。
さらにここでヨガという運動を行うわけですから、運動によっても汗をかき、身体の中から大量の水分が失われていきます。
身体の中の部分に目を向けると、ヨガは呼吸をとても大切にする運動ですが、呼吸をするたびにリンパ液が巡り、腎臓に老廃物を運び入れ、腎臓はこの老廃物を排出させるために尿を作り出していきます。
ヨガを行うと実はトイレが近くなることが多いのは、この呼吸によって腎臓の働きが高まるからなんです。身体の中の水分が尿となれば、やはり尿を排出することによって身体の中の水分は失われていきますよね。
ホットヨガの1回のレッスンで、だいたい2リットルくらいの水分が失われていきます。
そのため、失われた水分をしっかりと補給するということが必要になります。確かに水分が減れば体重も減りますが、血液がドロドロの状態になりとても危険な状、つまり脱水になってしまいますので、必ずしっかりと水分補給を行うようにしましょう。


■水分補給は水やお茶でもいいの?

今年の夏は特に暑いですよね。
最高気温の記録を上回ったとか、熱中症によって救急車が出動したなんてニュースは連日のように耳にします。
暑い中で忘れてはいけないのは、「水分補給」ですよね。
ホットヨガをオススメするにあたり、もちろんこの水分補給は欠かせないことなのですが、「水やお茶でもいいのでは?」という声をよく聞きます。
実際、スタジオでも水やお茶で水分補給をしている方もよく見かけますが、私はオススメできません。


■そもそも脱水ってナニ?


メディアでもよく耳にするようになった脱水。
2012年7月13日放送のNHKのあさイチ!では「気付かないと熱中症に!かくれ脱水にご用心」というタイトルで、熱中症の最初の段階の「かくれ脱水」の見分け方や予防法、脱水状態に最適な経口補水液の作り方などが紹介されていました。
「かくれ脱水」とは熱中症の初期症状であり、最初のうちは気づきにくく、自覚症状のない脱水のことをいい、専門家は注意を促しています。熱中症は人によって進行度が違いますが、必ず最初の段階にかくれ脱水があります。気温が高い場所にいたり、運動などをすることで体温が上がり、汗をかくことで、身体は内部の熱を体外に放出します。その結果、水分が失われ脱水状態になります。自覚症状のない初期の段階がかくれ脱水ですが、この状態で適切な水分補給をせず、そのままでいると体はさらに汗をかき、脱水状態が進行してしまうのです。そしてめまいや立ちくらみ、足がつるといった症状が現れてきます。さらに体内の水分が不足するようになると、汗が出なくなります。そうすることで、さらに体内に熱がこもって体温が上がり、意識障害がでるなど重い熱中症になってしまうのです。


■よく耳にする「脱水症状」

この脱水症状には2つのタイプがあります。
まず、人間は生きているので、軽い運動はもちろん、寝ている間や動いていない静止状態の時でも水分は失われます。これを「水分欠乏性脱水」といいます。

次に激しい運動や下痢や嘔吐時に、水分とともに汗や胃液、腸液の塩分(Na+,Cl-)やカリウム(K+)、重炭酸イオン(HCO3-)も多量に失われてしまいます。これを「ナトリウム欠乏性脱水」と呼んでいる。

「水分欠乏性脱水」の時は血しょう浸透圧が上昇し、喉の渇きを感じたり、尿の量が減少したりします。このときは細胞へ水分を補給するためにNaやKの濃度の薄い低浸透圧の飲料を服用のがいいのですが、ほとんどの人は水かお茶を飲んでその場をしのぎますよね。激しい運動ではなく、日常生活の中でのことなので、何気なく水分補給をしたり、スポーツ飲料を飲んで対処している脱水です。

しかし、「ナトリウム欠乏性脱水」の時は、循環血液量が減少、つまり血液中の水分が減少して血がドロドロ状態になり、頭痛や立ちくらみ、血圧低下、さらには寒気がしたり、嘔吐などの症状が起こります。こんな状態になったら、細胞外液と同じ、つまり、血しょうに近い浸透圧の塩分(ナトリウム)が多めのものを飲む必要があります。もちろん、意識の低下などがある場合は、即、救急車を呼びましょう。


■ホットヨガのときは「経口補水ドリンク」がオススメ


身体のトラブルを未然に防ぐためにも、ただでさえ汗をかくホットヨガをするには、最近、所さんのCMでおなじみの、大塚製薬の「OS−1」(オー・エス・ワン)などの、電解質濃度が血しょう浸透圧に近く、 電解質吸収率が高いドリンクを選ぶ必要があります。

最近は、従来のポカリスエットやアクエリアスといったスポーツドリンクではなく、それよりも塩分が多めでしょっぱいドリンクが、「経口補水液」「飲む点滴」といった位置づけでコンビニやスーパーでも購入できるようになりました。

このOS−1の他にも、味の素の「アクアソリタ」や明治の「アクアサポート」など、メーカーによってりんご風味やゆず風味などの味を工夫し、子どもでも飲みやすいドリンクにしたり、成分で差別化を図ろうとしていますが、経口補水と表示されたものであれば、大差はないと考えています。

これを読んでくださったホットヨガファンのみなさんは、是非、スタジオに経口補水ドリンクを持参してみてください。備えあれば憂い無し。ホットヨガを行ったせいで、重度の脱水になってしまい体調を崩したといった本末転倒な事態に陥らないためにも、経口補水ドリンクですよ。ドラッグストアで違う種類ものものを購入し、自分のお気に入りの味を確認した上で、Amazonで箱買いもいいですよね。


ヨガについて知ってみましょう!

■そもそも「ヨガ」ってナニ??
まずは「ヨガ」とは何か、ひも解いてみましょう。
「ヨガ」という言葉は、古代インドで用いられていたサンスクリット語(日本語では「梵語」といいます)で「つながり」を意味しているそうです。
これは魂、心、身体を宇宙に結びつけるための修行法として、紀元前数千年前にインダス文明で生まれました。すんごい歴史があるんです!
その後、200年頃に経典が編さんされ、長い年月を経てポーズと呼吸法が確立されていく中で様々な流派が生まれ、複雑に交じり合って発展しながら、現代の「ヨガ」へと繋がってきたそうです。
今では【ヨガ】は心と身体をリラックスさせ、ストレスを解消し、健康的で充実した生活を送るための手段として、世代性別を問わず、多くの方々のライフスタイルに溶け込んでいます。

■でも【ヨガ】って、私にできるの??

 「安心してください」!
「身体が硬く、運動不足、体力の衰えや冷え性が悩みだった私」(上記より引用)でもできたんです!!
ヨガの基本はポーズと呼吸。他のスポーツと違って、必要なのはウェアのみ!高度な技術や道具がいらないし、体が硬い、運動が苦手、体力に自信がない方にもオススメなんです。

■私がヨガを続けてみて....正直な「実体験」です!
【デメリット】

*血行が良くなり、汗をかきやすくなった=化粧直しの回数増加
*筋肉痛…日常生活で使わないインナーマッスルを刺激しているんでしょうねぇ。階段を上る際やトイレで座ることが苦痛なときもありました。

この2点くらいしか思い浮かびません!

 反対にメリットは.....
【メリット】(私の実体験のみ!!)

*腰痛と肩こりが解消
デスクワークで、長時間パソコンに向き合う仕事をしている私は、万年肩こり、万年腰痛で、よく整骨院にお世話になっていました。
「いい」「うまい」と聞く整骨院があれば、結構遠くにあっても行ってみるという「整骨院ジプシー」だった私。
そんな私がLAVAに通い始めて2ヶ月したあたりから、「あれ??腰や肩の痛みがない!!」って気付いたんです。これ、私にとってヨガに出会って一番の収獲でした。

*手足のほてり
夏は職場のエアコンで冷え性、冬は寒さで冷え性でヒートテックが手放せなかった私が、ヒートテックいらず(ユニクロさんをディスっているわけではありません!)になりました。
自分の手を握らせ、冷たさ自慢をしていた私が、今では自分の手の温かさ自慢をしています。

*肌のトーンが明るくなった!
結果、ファンデーションを買い換えなきゃいけないという嬉しい悲鳴をあげておりますがな。
インストラクターの先生に伺うと、発汗やインナーマッスルが鍛えられることで血行が良くなり、新陳代謝が促進することで解毒作用も促され、むくみや歪みが解消されて、肌の色が明るくなる人もいるんだとか。
これ、予想外のメリットでした。なんだかお化粧の楽しみまで増えちゃいました!

■そもそもヨガの効能ってナニ??
私が体験した上記の3点以外にも、以下のような効能があるそうです。これ、実際にLAVAのホットなスタジオで、インストラクターの方やメンバーの方から直接伺った「実体験」す!!

*血流が促進され、老廃物をどんどん出すことによって、若返り効果もあり

*リンパの流れや血行がよくなることで内臓が活性化

*基礎代謝がアップするので、自然とやせやすい体質に変化

*姿勢がよくなることで脂肪のつきにくい身体へ変化

*日常生活の中で生じた身体の歪みが解消

*深い腹式呼吸によって血流が促進され、自律神経を整える

*深い呼吸や瞑想を組み合わせで集中力を高め、精神状態が安定

*ストレスを解消し、イライラしにくい精神状態になることで人間関係が改善

*ホルモンバランスが整えられることで更年期障害や月経による不快症状などが緩和

*ヨガによって総合的に体調が改善されることで不妊が解消

 
「不妊が解消された」って実体験、衝撃でした!!実際にホットヨガを始めてから、結婚10年目に第1子に恵まれ、その後も2年後に第2子、そのまた3年後に第3子に恵まれ、夫婦二人の生活が、「ホットヨガ」のおかげで1男2女の5人家族になったそうです!!
日々の仕事に忙殺され続け、健康をかえりみる暇さえもない現代人にとって、「ヨガ」は、人間が本来備えている「生きる力」を引き出す、あるいはリセットしてくれる、すばらしいものなのかもしれないなぁと思い始めました。

■私がやっているのは「ホットヨガ」!
今までお伝えしてきた「ヨガ」。私は汗をかいて運動することが好きなので、単なるヨガではなく、LAVAでホットな環境の中で実施する「ホットヨガ」をやっています。
正直、ホットヨガの効果を過小評価しているネットの記事などもありますが、日頃運動不足の私が汗をかいて運動をしている実感ができる、これがホットヨガのメリットの一つだと思います。室温が高い分、水分補給が大切ですし、その分代謝も上がり、老廃物の排出やむくみの改善も促進されますよ。ぜひあなたもお試しになってみませんか??

■私のオススメはホットヨガのパイオニアLAVA!
全国240店舗にまでなったLAVA。こんなに増えることができたのには必ず理由があるはず。是非、926円の体験レッスンで、その良さを体感してみてください。兵庫県内や神戸にはいくつかのホットヨガスタジオがありますが、数あるホットヨガの教室の中でも、私のオススメは神戸の「LAVA」です。ぜひお近くの神戸のスタジオをチェックしていただき、体験レッスンにトライしてください!続けるかどうかはその後、決めてください。

私と同じように、「ホットヨガ」との出会いで、価値観や人生観まで変えられる方が絶対にいらっしゃるはず!このサイトが神戸の素敵な女性の皆さんにとって、いい出会いのきっかけになれば幸いです。

神戸の皆さま、長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

↓↓体験レッスンのお申し込みはこの下をクリック↓↓


今なら体験レッスンが926円

神戸のホットヨガで「健康」と「痩せ体質」をゲットしてみませんか?

これがLAVAの魅力!











↓↓体験レッスン926円のお申し込みはこちら↓↓

↓↓↓↓あなたも「健康」と「痩せ体質」をホットヨガのLAVAでゲットしてみませんか!↓↓↓↓



 

サイトマップ